はじめに

壬生町立図書館は、町民のだれもが自由に利用できる図書館です。
『開かれた図書館』をモットーに実用書・児童図書・文学書をはじめ、調査研究用図書や雑誌等の資料を充実して地域の読書普及活動に努めています。

借りるとき

  • 貸出券が必要です。
    町内に住んでいる方や、通勤・通学している方、または、広域利用対象市町に住んでいる方は貸出券を作ることができます。
    貸出券を
    作るには
    1.「貸出券申込書」に必要事項を記入して、カウンターに出してください。ご本人を確認できる書類(健康保険証や運転免許証など)をご提示ください。
    2.「貸出券」を受け取り、指定の場所に名前を記入してください。*登録内容に変更があった場合は「変更届」を提出してください。
  • 借りたい資料と貸出券を貸し出しカウンターにお出しください。
    図書:無制限(2週間で読める冊数)、雑誌:10冊
    視聴覚資料:10点(うち、DVDは3点まで)
    ※特別な制限をしている資料もあります。
  • 貸出資料名や返却期限を記したレシートをお渡しします。
    このレシートはご利用内容の確認のためのものです。

返すとき

  • 返却カウンターに借りたもののみお返しください。
    貸出の際お渡ししたレシートや貸出券は返却には必要ありません。
  • 図書館が閉まっているときには、入口左側の「返却ポスト」をご利用ください。
    ヒデオ・CD・DVDや、紙芝居は破損することがありますので、開館時間内にカウンターへ直接お返しください。
  • 借りた本やDVDなどを紛失したり、汚(破)損したときは、原則として同じものを弁償していただきます。

続けて借りたいとき(継続・延期)

同じ資料を続けて借りたい場合には、継続や延期の手続きをする必要があります。
ただし、予約の入っている資料は続けて借りることができません

継続 継続」とは、借りていた資料を一度返却してから再び同じ資料を借りることです。資料をカウンターまでお持ちいただき、声をかけてください。
延期 延期」とは、カウンターやインターネットで、貸出期間を延ばす処理のことです。申し出を受けてから2週間、貸出期間を延ばすことができます。延期処理は一度しかできません。延滞している資料がある場合はできません。

本を探したいとき

  • 館内に設置されている利用者開放端末で書名・著者名等から検索することができます。
    検索結果から資料のある場所が館内地図で表示されます。
    使い方がわからない時や、資料のある場所がわからない時は、職員にお気軽におたずねください。
  • カウンターで問い合わせていただければ、職員が探すお手伝いをします。
  • 本を探すご自宅から、図書館のホームページで検索することもできます。

予約・リクエストサービス

  • 借りたい資料が貸出し中のときは、予約することができます。
    用意ができましたら、図書館からご連絡します。
  • カウンターのほか、図書館の利用者開放端末、自宅のパソコン、携帯電話からのインターネット予約もできます。
  • 図書館にない本は、希望に応じて購入したり、栃木県内の図書館から借りることもできます。(すべてのリクエストにお応えできるものではありません)
    栃木県図書館総合目録から検索できます。

レファレンスサービス(本の案内)

調べものがあるときや、本の探し方がかわからないときは、資料の案内や探すお手伝いをします。

お気軽におたずねください。

コピー・サービス(有料)

図書館の資料を著作権法の範囲内でコピーすることができます。

  • 新聞・雑誌の最新号はコピーできません。
  • コピーには、各種制限があります。

皆様へお願い

  • 図書館の本は公共の財産です。汚したり、破いたりしないよう大切に扱ってください。
  • 返却日は守ってください。
  • 館内での飲食や喫煙、携帯電話の使用はご遠慮ください。
  • みなさんが気持ちよく利用できるためにも、マナーを守りましょう。